サンダース

【サンダースを始めてみたい方へ】あなたはサンダースに向いている?向いていない?その特徴教えます!

 

外出できなくても!在宅でさくさくダウン誕生する方法とは!(タップ!)

ネットワークビジネスやMLMというとサンダースと思う方もいるのではないでしょうか。

今この記事を読んでいるあなたは、ネットワークビジネスを始めてみたい、サンダースを始めてみたい、でも、自分は一体サンダースでビジネスをするのに向いているのだろうか・・・と気になってこちらにたどり着いたのではないでしょうか?

ネットワークビジネスに限らず、他の職業でもそうですが、サンダースのようなネットワークビジネスには、どうしても向いている人と向いていない人が存在しますし、向いている人の方がしっかり稼いでいたりします。

そこで今回は、サンダースを始めてみたい方へ、ぜひ読んでいただきたい、サンダースに向いている人と向いていない人の特徴についてお話していこうと思います。

サンダースに向いている人とは

ビジネスオーナー(経営者)の自覚がある人

まずサンダースのようなネットワークビジネスでビジネスをする上で1番向いているといえるのは、ビジネスオーナー=経営者としての自覚がある人です。

サンダースでビジネスをするようになると、自分で勧誘し商品を販売し、ダウン構築していくことになるため、自らがビジネスを切り開いていかなければなりません。そのため、会社で雇われているような感覚で働くのとは違い、自分が1人のビジネスオーナー=経営者としての自覚を持たなければなりません。しっかりその自覚を持ってビジネスをやる人は、ダウン構築もスムーズにできる人が多いです。

コミュニケーションがとれる人

サンダースのようなネットワークビジネスに限らず、どの仕事でもコミュニケーションは大事ですが、特にネットワークビジネスでは、「ネットワーク」という名前がついているくらい、人と人との繋がりがとても大切です。

自分やアップやダウンとのコミュニケーションはもちろん大切ですし、自分が勧誘をする際も、やはりコミュニケーションスキルが求められます。勧誘する際のコミュニケーションスキルに関しては、サンダースを始めてから徐々に学び身につけていくのでも十分ですが、基本的なコミュニケーションがとれる、人付き合いのできる人が向いていると思います。

コツコツと努力できる人

サンダースのようなネットワークビジネスは、一度収入を得てしまえば権利収入としてほぼ永久的に収入が入ってきますが、収入を得るまでの道のりは、正直そんなに簡単ではありません。

自分にダウンができない限りは収入は入ってこないため、まずはダウン構築していく必要がありますし、ダウン構築していくためには、それなりの人数の勧誘をしなければなりません。ネットワークビジネスに対するイメージの悪い現代は、勧誘すると嫌な顔をされることもあり、なかなかダウン構築しにくい状況でもあります。

そのため、それまでの間に挫折してしまい、諦めてサンダースを辞めてしまう人も多いです。でも、ここで諦めず、コツコツと努力する人がいずれ成功者として名が上がるような人になります。

ルールを守れる人

サンダースのようなネットワークビジネスは、自らがビジネスオーナーとなりますが、だからといって自由に、自分の好きなやり方でビジネスをしていい、というわけではありません。

ネットワークビジネスでは、目的を告げずにランチやお茶などに誘い、ビジネスの勧誘をする行為は禁止されており、これは法律でも決められています。

それでもやはり、早く稼ぎたいという一心で、ルール違反の勧誘行為を行う人がいます。

これは人間関係にも影響しますし、もちろんビジネスは成功しません。

このようなルールを守り、ビジネスをできる人が、サンダースに向いていると思います。

 

友達はもう誘いたくない、、、MLMの勧誘ができず困っていませんか?(タップ!)

サンダースに向いていない人

他人任せな人

上でもお伝えしましたが、サンダースのようなネットワークビジネスは、自らがビジネスオーナーとなります。でも中には、他人任せで、全部アップにお任せ、もしくはアップに言われたことしかやらない、ダウンフォローもほとんどしない、、という人もいます。そして何かあった時はアップやダウンに責任転嫁、、なんて人も。このように主体性がなく他人任せな人は、なかなか自分の組織も大きくできないまま停滞してしまうと思います。

主体性をもって働くよりも、他の人についていく方が向いている、という人には、サンダースは向いていないと思います。

楽して稼ぎたい、早く稼ぎたい人

こちらも上でお伝えしましたが、ネットワークビジネスはすぐに稼げるようなものではありませんし、それなりの期間と努力が必要になります。

そのため、楽してたくさん稼ぎたい、早く稼ぎたい、という人には、サンダースは向いていません。なにかもっと他の仕事を探してみることをオススメします。

 

まとめ

今回は、サンダースに向いている人、向いていない人の違いについてお話しました。サンダースのようなネットワークビジネスは、自分自身が経営者となり、コミュニケーションをとれる人、そしてコツコツ努力しルールも守れる人が、ビジネスをするのに向いています。逆に、他人任せな人や、楽して稼ぎたい人は向いていないので、他の仕事を探した方がよいかもしれません。

今後サンダースを実際に始めるかどうか、その参考になれば嬉しいです。

勧誘する人、声をかける人がいなくて困っていませんか?

サンダースを始めとした多くのMLMは主に友人や知人を勧誘することでネットワークを構築し収入を得ています。勧誘ができなければビジネスは終わり、と言っても過言ではありません。

しかし、この口コミ勧誘には人脈の限界があるのも現実、、、。

でも、人脈がなくても勧誘をせずに集客をできる方法が実はあります。

友人や知人を一切勧誘することなく、ネットワークビジネスを成功させる方法、累計2万人がそのノウハウを手に入れています。

あなたもネットワークビジネスを成功させませんか?

【勧誘不要!】人脈を無限大にしてダウン自動構築する方法はこちら!(タップ!)

ABOUT ME
アッコ
ちびっこ2人のワーママ。 助産師+MLMオンライン自動集客アドバイザー。 本業だけでは将来が不安でネットワークビジネスを始めました。 完全オンラインのネットワークビジネスで、口コミ勧誘することなく、友達にも嫌われず、在宅で、ダウン自動構築に成功! 今では本業と育児の傍ら、オンライン集客のアドバイザーをしています。 勧誘できない、、もう人脈がない、、でもMLMで成功したい!そんな方たちへオンライン集客を一から教えています!